こういう写真の撮り方

e0372684_22002540.jpg

自分の車こうやって撮れたらまあまあドヤれませんか?インスタで1億イイネ稼げます。
三脚とアイフォンがあれば撮れます。
三脚とアイフォン持ってない人いますか?いませんね。うそです、背面照明がついてればなんでもOKです!
でも三脚はいります。ごめんなさい。

これ撮ってるときにこういうエントリ書く想定してなかったのでハウトゥ系のフォトないので文字ベースの説明になりますがお許し下さい。

1.暗い場所に車を置きます。
2.カメラは三脚に据えます。
3.シャッター速度を20~30秒くらいにします。
4.絞りとISOはこのあとアジャストしていきましょう。とりあえずiso200、F8くらいにします。
5.シャッターを切ったら、アイフォンの背面のLED照明で車を照らします。カメラと車の間を移動しつつ車を照らしていきましょう。

Mazda RX7

オワリです。
「え、車とカメラの間通ったら写るじゃん」って思いますよね。
真っ白な服を着てるとまじで写っちゃうので暗い服を着るのをお勧めします(まじで)
暗い場所で車を照らしながら歩いている以上、あなたに光はあたっていないので、意外とカメラに写ることはないので安心してください。

やってみると色々な課題が発生すると思います。
一番多いのは、アイフォンで照らしても照らさなくてもあまり変わらない、みたいな現象だと思いますが、
それは「1.暗い場所に車を置きます」の暗さが足りません。真っ暗な場所が望ましいですね。
光源自体が動くときには、最終的な明るさの調整にコツがいります。
明るさは絞り・ISOで調整して、シャッター速度は「照明を当てていられる時間」くらいに考えるとよいです。
ここで、地明かりがあると、調整が非常にしづらいので、場所は暗ければ暗いほどいいです。

また、真っ暗な場所で友達の車で後ろから照らすと
Radical SR4

こんな感じになります。かっこいいですね。
みんな愛車をかっこよく撮ろう。それか友達の車をかっこよく撮ってあげよう。褒められるぞ。嬉しい。

[PR]
by rossodino | 2018-01-11 21:57 | 車の写真 | Comments(0)