インスタグラムでイイねされまくりたいあなたへ

e0372684_22000180.jpg

インスタグラム、それは
色々な手段を講じて一枚の写真に何イイネつくかを競うeスポーツです。

イイネの数によってすべてのフォトは平等な尺度のもとでの絶対的・定量的評価を計られます。

しかしプレイヤーであるあなたは感じた事があるのではないでしょうか?
「なんでオレのフォトがこのイイネ数なのに、この(自主規制)なフォトがこんなにイイねを得ているんだ?」

あると思います。
薄々感づいている方も多いとは思いますが
インスタグラムというeスポーツが最終的にアウトプットするイイネ数は
ロビー活動によって、またレギュレーションをうまく活用することでそのフォトそのものの価値とは独立したレイヤーによって増減され
むしろ、およそ世間のフォト全てが所属する「普通の写真」の中では
このロビー活動こそが実はイイネ数を決定するクリティカルな要因だと言っても過言ではありません。

フォトをアップしたらイイネされたい
そんな人間的・根源的欲求を満足させるために、さあ、いざロビー活動に励みましょう。


最高イイネ数300くらいが天井の弱小イイネ稼ぎラーの私ではありますが
僭越ながら解説いたします。

●もくじ
・アカウントの準備
・プロフィール画面/自己紹介など
・ジャンルの決定
・初期の投稿
・フォロー/フォロワーの関係
・タグの活用
・ハブアカウントの活用
・フォトエディットの方針
・ストーリーズの活用
・まとめ

IMG_2080

●アカウントの準備
先ずはじめに「イイネされまくりたい!」のアカウントは日常アカウントとは分けましょう。
ヤダヤダ!フォトをイイネされまくって、ちょっと遊びに行ったカフェで撮ったスナップもイイネされまくりたいんだ!と思いましたか?
そんなのはもともと数字を持ってるある分野での有名人だけです。夢を見るのはやめましょう。

沢山のイイネを稼ぎたいという事は、多くのイイネが「あなた本人を知らない、且つ普通の人」からくるということです。
(ここでいう「普通の人」とは「有名人ではない人」という文脈ですのであしからず)
下の章で言及しますが、まずはフォローされることが大切になります。
そしてそのために多くのフォローをしていくことになります。
沢山フォローすると、当然ながら沢山のフィードが流れてくることになり
あなたの大切な友人のポストを見落とす可能性が高まってしまうことになります。
更に、投稿する写真は絶対にジャンルを絞ったほうが有利です。
これらの事から、日常アカウントとイイネ特化アカウントは別に運用したほうがいいでしょう。

●プロフィール画面/自己紹介など
世の中にはいろいろなアカウントがあり、人に撮ってもらった写真をアップしたり、イイ感じの投稿をリポストしたり転載するだけのアカウントも少なくありません。
誰かがあなたをフォローするか否かという時にプロフィール画面を見たときのために、その人に不安を抱かせない程度の自己紹介文は絶対に書いておいたほうがいいと思います。
私の場合は必ず「投稿されている写真はすべて私が撮影したものです」とできれば英語で書くようにしています。
それから投稿するジャンルを明示するのも有効だと思われます。
アイコン画像は比較的なんでもいいと思いますが、版権があるようなものを転載して利用するのはやめましょう。
できればあなただとわかりやすい埋没しないアイコンがいいと思います。
投稿するジャンルに関連するものでもいいと思います。

IMG_2082

●ジャンルの決定
ジャンルとは、どんな種類のフォトをポストしていくか、という事です。
普通の人が有名人でもない人をフォローするときに、ジャンルがブレていると、フォロー返しの確率が減ってしまうと考えられます。
逆に言うと決まったジャンルだけをフォローしているほうが、ある人の「こんなフィードが流れるようにしたい」という要求にこたえやすくなり
それだけ被フォローの機会が生まれると考えられます。

例えば、車ばかりを投稿するとそれをフォローする人がウンザリするだろうから、車ネタ以外も投稿したほうがいい、
そんなふうに考えられるかもしれません。

しかし、流れてくるフィードはその人がフォローしているアカウントが混在しているので
例えば「車ネタとそれ以外が流れてきて欲しい」とある人が考えたら、その人が「車ネタアカウント」と「それ以外のネタアカウント」をフォローすれば済む話であり
あなたが、もしくは私がその両方を賄う必要はない、ということです。
ある一人のアカウントが考える「コレ」と「アレ」が流れてきてほしいと思ったときの「コレ」を単純に満足させるのが被フォローの近道だと思います。

●初期の投稿
さて、さっそく次の章からフォロワーを増やしたりタグをアレしたりしていくのですが、
その前に、
まったく写真がない、もしくは投稿数が非常に少ないアカウントは一般的に見てあまり好ましい状態ではありません。
最初のうちはイイネ数というよりも自分のプロフィール画面を見られたときの見た目のためにいくつかの写真をアップしておいたほうがいいと思います。

IMG_2081

●フォロー/フォロワーの関係
イイネがどこから来るか、
検索(多くの場合タグ検索)からの流入と、フォロワーのイイネ、
以上の2つが大きい割合を占めると思われます。

フォロワーを増やすには、先ずはフォローすることです。
インスタグラムのフォローに対する返フォローはtwitterのそれに対して確率が高く、
沢山のアカウントをフォローすることが手っ取り早くフォロワーを獲得する有効な手段だと思われます。

では、だれをフォローすればいいかですが、
一番大事なのはあなたがアップする(予定の)フォトのジャンルにそもそも興味がある人、
近しい趣味の人をフォローするのが非常に大切です。
あなたのフォトにつけてもおかしくないタグで検索してみて、
・そのタグに投稿している人
・そのタグで投稿されている写真にイイネをしている人
この辺からフォローしていくのが良いでしょう。

また、ある程度フォローを増やした後に自分のプロフィール画面右上の「フォローする人を見つけよう」のボタンに入ると
イイカンジにフォロー候補がズラ~と表示されるのでここからフォローを増やしていくと簡単です。

私の場合、だいたい最初に900ほどフォローしました。
1/3から半分弱くらいまでは直ぐにフォローが帰ってくると思います。

あまりに一度に沢山フォローしすぎても、フォロー/フォロワー数がアンバランスになり、あまり良い印象を持たれないと思うので
数日かけて一日に100~200くらいずつ増やすのがベターかなと思います。

●タグの活用
タグが非常にたくさんついているポストを見たことがあると思います。
だいたい最初は「そこまでしてイイネされたいのか!あさましい!」みたいな感情があるかと思いますが
もちろんここでは最大限活用します。

しかし、最初は「タグをつけるといっても、何をつければいいのかわからない」という状態に陥ると思います。
ジャンルによってよく流入があるタグは違うので一概には言えませんが
あなたが思いつくタグで検索をしてみて、上位の投稿を見ていくと、多くのタグをつけている投稿がすぐに出てくると思います。
それをパクっちゃえばいいです。

意味がわからないので怖いという向きはあるかと思いますが、
どんなタグで検索してもたいがい「それは違うだろう」という写真が一定の割合で紛れ込んでいるものなので、あまり気にしなくていいと思います。
でも、明らかに間違っていると思ったらそのタグはもちろん外しましょう。

IMG_2084

●ハブアカウントの活用
あるジャンルの写真をピックアップしてリポストし、めちゃくちゃイイネされてるようなアカウントがけっこうあります。
だいたい、そんなアカウントは「このタグつけてる人からイイカンジのやつ拾います」みたいな事書いてありますので
フォローしてタグを投稿するときのタグに追加しておきましょう(iPhoneならメモアプリとかにとっておいてコピペするだけにしておくと楽です)
タグじゃなくてメンション(@アカウント名)みたいのをつける人もいると思います。

そして、ハブアカウントに拾われたらコメントでサンキューとか言うと、ハブアカウント見てる人にもアピールできたり、
キャプチャをストーリーズとかにアップして「拾われた~」とかいうと、既存のフォロワーにもアピールすることができて吉だと思います。

ビジネスライクにいきましょう。

●フォトエディットの方針
特にもともと写真をやっていた人向けの章ですが、
PCの大きな画面で見たときの写真の見え方と、インスタグラムに投稿されたものをスマホで見るときの写真の見え方は大きく異なります。
一番大きな違いは縦横比です。
とは言っても、インスタグラムでも横長の写真をアップすることは出来ますし、現にそうしている人も多くいます。
しかし、ただでさえスマホを縦持ちして狭い横幅の中で、横長の写真を閲覧すると非常にインパクトを与えるのが不利な状況になってしまいます。
もともとが横長のフォーマットだったとしても、よほどの事情がない限り、1:1にトリミングしてアップすることを強くお勧めします。

また、エディットについても、PCで見るときよりもかなりわざとらしい、明瞭な表現のほうが見栄えがいい傾向があります。
上で言った通りPC上での閲覧よりもかなり物理的に小さく描画されることから、細部の細やかな表現というよりは
被写体をいかにインパクトある描写にするかのほうが大切なように思えます。
VSCOでインパクトあるフィルタをかけてもいいですし、インスタグラム上のエディット機能もかなり強力なのでフィルタなんかもバンバンかけていいと思います。

全般的にPC上の閲覧よりもハイキーがリッチなほうがスマホの画面上で見栄えがいいので、ハイライトもしくは全体の露出はPC用よりもかなり上げたほうがいいと思います。

IMG_2085

●ストーリーズの活用
今日のインスタグラムは投稿が時系列に表示されないため、あなたのフォトが必ずしもあなたをフォローしている人に表示されているとは限らないという問題があります。
しかし、ストーリーズは投稿が新しい順にアイコンが表示されるので、
ある程度フォロワーが増えたら、新規投稿したときにはそのキャプチャをストーリーズにもアップして「投稿したよ」みたいな感じでフォロワーに知らせるのもいいと思います。

●まとめ
なんか色々突っ込みどころが多い記事ですが
ここをあなたが読んでいるということはここまで読んでいただいたということであり(少なくともスクロールしていただいている)
感謝もうしあげます。
イイネ沢山されると楽しいので興味ある方の一助になれば幸いです。

[PR]
by rossodino | 2018-08-19 23:23 | 色々な写真 | Comments(0)